グリーンボンド

英語名: Green Bond
分類: 債券通称

グリーンボンドは、資本市場(マーケット)から温暖化対策や環境プロジェクトなどの資金を調達するために発行される債券をいいます。これは、環境問題への取組みという特定の用途に利用する目的で発行されるのが大きな特徴で、債券投資を行う投資家にとっては、リターンや価格、償還期間、発行体の信用力などに加え、本債券の発行で得た資金がどのような環境効果を意図するプロジェクトに利用されるかも検討材料になります。

一般にマーケットにおいて、グリーンボンドの登場により、発行体は、投資家や社会に対して、自らの環境問題への取り組み姿勢をより鮮明に打ち出すことが可能になりました。ちなみに、その歴史は、2008年に世界銀行グループの国際復興開発銀行(IBRD)が「グリーンボンド」という名称で債券を発行したのが始まりで、現在、世界におけるグリーンボンド市場は大きく拡大しています。

グリーンボンド原則とは

グリーンボンド市場の拡大に伴い、2014年に国際開発金融機関と民間金融機関が共同で「グリーンボンド原則(GBP:Green Bond Principles)を作成し、業界の自主ガイドラインとしています(GBPは、その後、何度か改訂)。

<グリーンボンド資金を使うのに適切なプロジェクト>

再生可能エネルギー
・省エネルギー(省エネ建築物を含む)
・持続可能な廃棄物管理
・持続可能な土地利用(持続可能な林業と農業を含む)
・生物多様性保全
・クリーンな運輸
・持続可能な水資源管理(水質浄化または飲用水を含む)
・温暖化への適応

グリーンボンドのプロセス

大半のグリーンボンド発行体が踏むプロセス(手順)は、以下の4つに区分されます。

1.妥当なプロジェクト選定基準を決定する
2.審査・承認等のプロジェクト選定プロセスを確立する
3.資金の分別管理を行い、厳格に資金を活用する
4.プロジェクトのモニタリングと報告を行う

グリーンボンドの発行体と購入者

初期には、リスクが低く金利も低い国際開発金融機関のグリーンボンドが多かったですが、昨今では、民間企業や地方政府、公共事業団体などが発行体となった、高リスクである代わりに金利が高い低格付けのグリーンボンドも発行されるようになっています。また、グリーンボンドの最大の投資家層は欧州で、次に日本と南北アメリカ大陸の投資家層となっています。

グリーンボンドのメリットと社会的効果

グリーンボンドは、発行体にとっては、投資家層の多様化、投資家層との関係強化といったメリットが挙げられます。また、社会的効果としては、発行体が行っている環境活動に関する認知度向上、民間資本市場からの資金で温暖化や環境問題への対策を行う環境作りに役立つことなどが挙げられます。