投資不適格債

読み方: とうしふてきかくさい
分類: 債券区分

投資不適格債は、「ジャンク債」とも呼ばれ、信用力が低く、元本償還利息の支払いが不確実な債券のことをいいます。これは、ハイリスク・ハイリターンの金融商品で、ムーディーズ社(Moody's)やスタンダード&プアーズ社(S&P)などの格付会社により、Ba以下やBB以下と格付けされた債券のことを指します。また、投資不適格債に対して、格付会社により、Baa以上やBBB以上と格付けされた信用力の高い債券を「投資適格債」と言います。

一般に投資不適格債は、他の債券に比べて、利回り(リターン)が高いことからリスク選好時に投資対象として注目されることも多いですが、その一方でデフォルトリスク(信用リスク)が高くなっています。また、発行当初は、投資適格債であったものが、その後の発行体の信用力の低下などによって、投資不適格債になることもあるので注意が必要です。