アンダーパー

英語名: Under par
分類: 価格

アンダーパー(Under Par)は、英語では、"下に"を意味する「under」と、"標準・規定打数・額面・同等"を意味する「par」からなる用語です。これは、日本語においては、金融用語では「債券価格が額面を下回る状態」をいい、またゴルフ用語では「打数が規定打数(パー)を下回ること」をいいます。

目次:コンテンツ構成

アンダーパーの意味(金融用語)

アンダーパーは、金融用語では、債券価格(時価)が額面を下回る(低い)状態をいいます。これは、債券市場において「債券価格<100円」の状態を示すもので、また債券の発行時に額面より低い価格で発行されることを「アンダーパー発行」と言います。

なお、額面とは、債券価格の基準となる価格のことをいい、日本の債券では、通常、額面を100円として発行し、償還期日を迎えると額面(100円)で償還されます。

アンダーパー(債券)

一般に債券市場において、各々の債券は、金利動向などによって価格が常に変動し、債券価格は、オーバーパー(額面を上回る)、パー(額面と同じ)、アンダーパー(額面を下回る)のいずれかの状態にあります。

そういった中で、アンダーパーで購入して、償還期日まで保有した場合は、償還時に償還差益が発生する一方で、保有期間中に長期金利が大きく上昇し、債券価格が下落した場合は、市場で売却することにより売却損が発生することもあります。(信用リスクが高まって、債券価格が下落することもあり)

アンダーパーの意味(ゴルフ用語)

アンダーパーは、ゴルフ用語では、規定打数(パー)よりも1打以上少なく打っているスコア(打数)のことをいいます。

通常、1ホールの打数に対してではなく、トータル(全ホール)の打数に対して使われ、また一般的なコースなら、1ラウンド18ホールで「パー72」なので、1ラウンドのスコアが71以下なら「アンダーパー」となります。

例えば、規定打数(パー)よりも2打少なった場合には「2アンダーパー」と言ったり、それを略して「2アンダー」と言ったりします。

ちなみに、ゴルフでは、まず100を切ることが最初の壁と言われており、プロ選手ともなると、アンダーパーを狙うことが当然となります。