リキャップCB

読み方: りきゃっぷしーびー
分類: 財務・会計|財務手法

リキャップCBは、「リキャピタライゼーション(資本と負債の再構成)」に由来する用語で、新株予約権付社債(CB)で調達した資金で自社株買いを行う財務手法をいいます。これは、CB発行により企業の負債は増加するものの、自社株買いにより資本を圧縮できるので自己資本比率が低下し、結果的に株主資本利益率(ROE)が引き上げられる効果があります。

一般にリキャップCBによるROEの引上げ効果は、一時的なものにすぎず、企業のバランスシートの資本と負債の部を調整する効果は持つものの、それだけで資産の部の収益性を高めるわけではなく、また企業価値を増やすものではありません。そのため、本手法で重要なのは、CB発行によって調達した資金の一部が、設備投資や研究開発、企業買収など将来の利益を増やすような成長施策に充てられるかどうかがカギとなります。

なお、リキャップCBは、目先は自社株買いがされますが、将来、CBが転換されると株数が増えるという希薄化の懸念が残るため、既存株主には必ずしもウェルカムなものではなく、また本手法で財務バランスが悪化方向に動くことになり、企業の信用リスクを高めることになるので注意が必要です。