連結財務諸表

読み方: れんけつざいむしょひょう
英語名: Consolidated financial statements
分類: 財務・会計|財務諸表

連結財務諸表は、支配・従属関係を有する複数の会社を一つの企業集団(企業グループ)とみなし、その企業集団の財政状態および経営成績を総合的に報告するために作成する財務諸表のことをいいます。これは、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュフロー計算書、連結附属明細表から構成されており、企業グループを一つの財務単位として、その財政状態や経営成績、キャッシュフロー状況を総合的に示す(企業グループの本当の実力を把握できる)ものとなっています。また、連結財務諸表を作成するプロセスを「連結決算(連結会計)」と言います。

一般に連結財務諸表は、金融商品取引法に基づくディスクロージャー制度において、企業集団の親会社に作成が義務付けられ、その対象となるのは、親会社と連結子会社のほか、企業集団(企業グループ全体)の業績に影響を与える関連会社非連結子会社も含まれます。また、連結財務諸表は、個別の財務諸表を基にして作成されますが、個別の財務諸表を単純に連結させるのではなく、連結決算手続きを適用した上で連結されます。具体的には、個別財務諸表の修正、資本連結、投資と資本の相殺消去、支配獲得後の剰余金等の変動、支配獲得後の持分の変動、成果連結 、連結会社相互間の債権・債務等の消去、連結会社相互間における取引高等の消去、未実現損益の消去、関連会社や非連結子会社に対して持分法の適用などが行われます。

なお、連結財務諸表に対して、法形式上の会社を単位として作成される財務諸表を「個別財務諸表(単体財務諸表)」と呼んで区別しています。