ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズ

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズ(Janus Henderson Investors)は、アクティブ運用を行うグローバルな資産運用会社です。2017年に米国有数の運用会社であるジャナス・キャピタル・グループ(Janus Capital Group)と、英国有数の運用会社であるヘンダーソン・グループ(Henderson Group)の合併により誕生し、英国のロンドンに本拠を置き、NYSEとASXに上場しています。

現在、ジャナス・ヘンダーソンは、世界の28カ所にオフィスを置き、2000人以上の従業員を擁し、独自のアクティブ運用手法を駆使し、様々な市場サイクルを通じて、市場をアウトパフォームする機会を顧客に提供しています。

●ジャナス・キャピタル・グループ

1969年に米国で設立され、コロラド州デンバーに本拠地を置き、企業リサーチに基づく運用アプローチに強みがあった。

●ヘンダーソン・グループ

1934年に英国で設立され、ロンドンに本拠地を置き、主に企業分析に基づくボトムアップ型の運用戦略を提供していた。

ジャナス・ヘンダーソンの運用サービス

ジャナス・ヘンダーソンは、個人投資家から機関投資家まで、世界中に広がる顧客基盤を有し、株式から債券、マルチアセット、オルタナティブに至るまで、世界の運用業界で活躍する卓越した知見を持つ専門家が運用サービスを提供しています。

現在、運用チームは、世界に先駆けて変化を予想し、かつ適応し、優れたリスク調整後リターンを上げることを目標として、綿密な分析、体系的なプロセス、徹底したリスク管理と、各運用担当者の知見や独自性、綿密性を組み合わせながら運用を行っています。

ジャナス・ヘンダーソンの運用戦略

ジャナス・ヘンダーソンは、人間の洞察力・創造力・直感と厳密な分析・体系的な投資プロセス・リスク管理を融合した独自の運用を行っており、長年の経験と実績から、顧客の投資目標を達成する最良の方法は、このような融合的な運用戦略であると考えています。

現在、運用チームは、各々の資産クラスに最も適した組織の下で、機動的に運用を行っています。具体的には、経験豊富なアナリストによるファンダメンタル分析に基づいた運用が行われることもあれば、運用者独自の視点やリサーチに基づいた投資判断を行うこともあります。また、ハウスビューに基づくトップダウン・アプローチではなく、各運用チームが一定の管理の下で柔軟性のある運用を行っています。

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズ・ジャパン

ジャナス・ヘンダーソンは、1986年に前身となる日本法人を設立してから長年にわたり、年金基金や金融機関をはじめとした投資家に対して、伝統的資産運用とオルタナティブ運用の双方を提供してきました。2017年にジャナス・キャピタル・グループとヘンダーソン・グループの合併により、ジャナス・ヘンダーソンの日本法人は「ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズ・ジャパン」となりました。

※日本では、ジャナス・キャピタル・インターナショナル・リミテッド東京支店とヘンダーソン・グローバル・インベスターズ・ジャパンが統合。

商号 ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズ・ジャパン株式会社〔Janus Henderson Investors (Japan) Limited〕
所在地 東京都千代田区丸の内一丁目6番5号 丸の内北口ビル27階
設立 1996年2月26日
事業内容 投資運用業、投資助言・代理業

ブランドカテゴリー