大和証券グループ

大和証券グループ(Daiwa Securities Group)は、持株会社である大和証券グループ本社のもと、リテール部門、ホールセール部門、アセットマネジメント部門、投資部門のコア事業を中心に構成されるアジアを代表する総合証券グループです。現在、グループ各社の強い結束力のもと、国内外の様々な顧客ニーズに対応した幅広いサービスを日々提供しています。

|経営方針|
Passion for the Best
|企業理念|
信頼の構築、人材の重視、社会への貢献、健全な利益の確保

大和証券グループの沿革

大和証券グループは、日本の証券業界において、一世紀を超える長い伝統と歴史があります。

<1901年-1950年>
・1902年:藤本ビルブローカーとして開業
・1907年:藤本ビルブローカー銀行に商号変更
・1933年:藤本ビルブローカー証券に商号変更
・1942年:藤本証券に商号変更
・1943年:日本信託銀行と合併、大和證券設立
・1948年:証券取引法による証券業者登録
・1949年:東京・大阪・名古屋証券取引所に加入

<1951年-2000年>
・1956年:大和證券本店を呉服橋ビルに移転
・1959年:大和証券投資信託委託を設立
・1961年:東京・大阪・名古屋証券取引所市場第二部に上場
・1968年:総合証券会社として大蔵省より免許を受ける
・1969年:全国オンラインシステムを稼動開始
・1970年:東京・大阪・名古屋証券取引所市場第一部に上場
・1989年:大和総研を発足
・1996年:インターネットを利用した株式売買取引開始
・1998年:住友銀行と合弁会社設立の最終合意締結
・1999年:純粋持株会社に移行、大和証券グループ本社が発足

<2001年-2050年>
・2001年:大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツを設立
・2004年:大和証券グループ本社が委員会等設置会社に移行
・2007年:本社を含む主要機能を東京駅八重洲北口へ移転
・2008年:大和総研を会社分割
・2009年:三井住友フィナンシャル・グループとの一部合弁解消
・2010年:大和証券SMBCから大和証券キャピタル・マーケッツに商号変更
・2011年:大和ネクスト銀行が開業
・2012年:大和証券と大和証券キャピタル・マーケッツが合併

大和証券グループの事業概要

大和証券グループの事業(ビジネス)は、リテール部門、ホールセール部門(グローバル・マーケッツ、グローバル・インベストメント・バンキング)、アセット・マネジメント部門、投資部門、その他から構成されています。

リテール部門 大和証券
ホールセール部門 大和証券
大和証券CM(ヨーロッパ、香港、シンガポール、アメリカ)
アセット
マネジメント部門
大和証券投資信託委託
大和リアル・エステート・アセット・マネジメント
大和証券オフィス投資法人
三井住友DSアセットマネジメント
投資部門 大和企業投資
大和PIパートナーズ
大和エネジー・インフラ
大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ
その他 大和ネクスト銀行
大和総研ホールディングス 他

大和証券グループ本社の会社概要

大和証券グループは、持株会社体制によるグループ経営を実践し、国際的な水準に適う「透明性」と「客観性」の高いガバナンス体制の構築を目指しています。

商号 株式会社大和証券グループ本社
〔Daiwa Securities Group Inc.〕
所在地 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
グラントウキョウ ノースタワー
発足日 1999年4月26日
事業内容 持株会社
上場 東証1部、名証1部
証券コード 8601

金融ブランド事典

カテゴリー