AXA(アクサ)

AXA(アクサ)グループは、1817年にフランスで生まれた、世界最大級の保険・資産運用グループです。ヨーロッパを拠点とするアクサは、AXAブランドを創設した1985年以来、1992年に米国、1995年にアジアで事業を開始するなど、着実に成長を続け、今日においても、プレゼンスとネットワーク、商品・サービスのラインナップを拡大し続けています。

現在、AXA(アクサ)は、以下の3つの分野で事業を展開しており、個人や法人の顧客の大切な資産を守るため、顧客一人ひとりのニーズにあわせて、商品・サービスを提供しています。

|生命保険(貯蓄商品を含む)|
生命保険や貯蓄、医療保険の分野で、幅広い種類の商品を、個人と法人の顧客に提供。

|損害保険|
自動車保険、住宅保険、賠償責任保険の分野で、幅広い種類の商品を、個人と法人の顧客に提供。

|資産運用|
主に機関投資家や個人投資家、またAXAグループの保険会社を対象にサービスを提供。また、ベルギーやフランス、ドイツ、ハンガリー、スイスなどでは、個人の顧客を対象とした銀行業務も展開。

AXA Groupの日本拠点

AXAグループは、日本において、保険や資産運用、アシスタンスなど、フィナンシャル・プロテクションに関する様々な分野で事業を展開しています。現在、保険事業では、アクサ生命、アクサダイレクト生命、アクサ損害保険の3社が「アクサジャパングループ」を形成し、相互の連携を深めると共に、その他のAXAメンバーカンパニーと密接に連携しながら、顧客をリスクから守るための商品・サービスを提供しています。

アクサ生命 1994年に設立された生命保険会社。AXAグループが世界で培ってきた知識と経験を活かし、保険・年金・資産形成等に対する顧客ニーズに応えている。2014年にアクサジャパンホールディングが「生命保険事業免許」を取得し、アクサ生命を吸収合併すると共に、その業務と商号(アクサ生命)を継承した。
アクサダイレクト
生命保険
2006年に設立された日本初のインターネット専業生命保険会社(ネット生保)。2010年5月に「SBIアクサ生命」より「ネクスティア生命」に社名変更され、その後、2013年5月に「アクサダイレクト生命保険」に社名変更された。
アクサ損害保険
(アクサダイレクト)
1998年に設立された損害保険会社。ヨーロッパにおけるダイレクト保険のリーディングカンパニーであるAXAの豊富な経験と技術を活かし、日本の顧客ニーズに合った商品・サービスの提供を行なっている。
アクサ
インベストメント
マネージャーズ
アクサ・グループの資産運用の中核を担うAXA Investment Managersの一員。1987年にローゼンバーグ・アセット・マネジメントとして日本において業務を開始し、その後、何度か資本・業務提携等で商号を変更後、2011年に現商号となる。
アライアンス
バーンスタイン
株式、債券、マルチアセット、オルタナティブ運用など、幅広い運用商品の提供を通じて、グローバルな資産運用業務を展開するAllianceBernsteinの日本拠点。

AXA Groupの概要

AXA(アクサ)グループは、世界62の国と地域の顧客から信頼されている世界最大級の保険・資産運用グループです。

グループ名 AXA Group
持株会社 Axa S.A.(アクサ・エス・アー)
本社所在地 25, Avenue Matignon 75008 Paris - France
設立 1817年
(AXAの前身となる保険会社コンパニー・ダシュランス・ミューチュエル・コントル・ランサンディ設立)
事業内容 生命保険、損害保険、資産運用

金融ブランド事典

カテゴリー