HSBC

HSBCグループは、世界有数の銀行および金融サービスグループです。本拠を英国のロンドンに置き、リテール・バンキング&ウェルス・マネジメント事業、商業銀行事業、グローバル・バンキング&マーケッツ事業、グローバル・プライベート・バンキング事業という4つの事業を通じて、世界各地の顧客をサポートしています。また、持株会社のHSBCホールディングスの株式は、ロンドン、香港、ニューヨーク、パリ、バミューダの証券取引所に上場され、多くの株主に保有されています。

現在、HSBCのネットワークは、ヨーロッパ、アジア・太平洋、南北アメリカ、中東、アフリカの66の国・地域に広がっています。さらに、成長市場にも進出し、多くの顧客に機会を提供し、ビジネスの成長や経済の発展に努め、また個人の希望や夢の実現も支援しています。

HSBCグループの沿革

設立メンバーである香港上海銀行(The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited)から名付けられた「HSBC」は、ヨーロッパ・インド・中国間で拡大する取引の資金調達を支援するために1865年に設立されました。

発案者は、スコットランド国籍のトーマス・サザーランドで、当時、香港と中国沿岸に地域金融機関(貿易金融)に対する大きな需要があることに気付き、彼の尽力により、1865年3月に香港に香港上海銀行が設立されました。そして、顧客へのサービス拡大のために支店が次々に開設され、19世紀の終わりまでに、アジア最大の金融機関に成長しました。

20世紀に入り、戦争や世界大恐慌など様々な困難や変化に直面したものの、これらをうまく切り抜け、20世紀の終わりには、成長や買収、多様化によって、HSBCは地域金融機関から世界有数の金融グループへと変貌を遂げました。1991年に持株会社のHSBCホールディングスを設立し、1992年にミッドランド銀行を完全に傘下に収めた後、本拠地をロンドンに移しました。

1998年にHSBCは統合ブランドの導入を発表し、世界中の顧客、株主、従業員によるHSBCの認識を強化するために、全ての事業で「HSBC」と「ヘキサゴン(六角形)ロゴ」を使用することになりました。これにより、HSBCブランドは、世界で最も重要で信頼されるブランドの一つに成長しました。

HSBCグループの日本での活動

HSBCグループは、香港上海銀行(HSBCグループの母体行)が1866年に最初の日本支店を横浜に開設して以来、日本における外資系銀行グループとして最も長い歴史を誇っています。

現在、日本においては、香港上海銀行、HSBC証券会社、HSBC投信の3大グループ会社、並びに、HSBCサービシーズ・ジャパン・リミテッドを通して、事業法人および機関投資家の顧客に対して、資産運用、商業銀行業務、貿易サービス、プロジェクトファイナンス、輸出ファイナンス、キャッシュマネジメントおよび為替、資本市場、証券関連サービス、カストディサービスなど、幅広い金融商品・サービスを提供しています。

HSBCグループと持株会社の概要

HSBCグループの持株会社であるHSBCホールディングス(HSBC Holdings plc)は、英国のロンドンに本部を置き、世界の複数の証券取引所に上場し、またHSBCグループは銀行業務ならびに金融サービスを提供する世界有数の金融グループとなっています。

グループ名 HSBC Group
持株会社 HSBC Holdings plc
所在地 8 Canada Square, Canary Wharf, London, England, UK
上場 ロンドン、香港、ニューヨーク、ユーロネクスト 他
歴史 1865年に香港で創設された香港上海銀行から発展

金融ブランド事典

カテゴリー