オプション取引

読み方: おぷしょんとりひき
英語名: Option
分類: オプション

オプション取引は、デリバティブの一つで、ある商品について、将来の一定の期日(期間内)に一定の数量を、その時の市場価格に関係なく、予め決められた特定の価格で"買う権利"、または"売る権利"を売買する取引のことをいいます。これは、リスク限定やレバレッジ効果、多種多様な取引戦略といった特色があり、個人向けには、日経225オプションや金先物オプション、バイナリーオプションなどが身近なものとなっています。

ここでは、デリバティブの一つである「オプション取引」について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

オプション取引の概要

オプション取引とは、将来の予め定められた期日(期間内)に、特定の商品(原資産)を、現時点で取り決めた価格(権利行使価格)で売買する「権利」の取引をいいます。

|オプション取引の原資産

オプション取引の対象となる商品(原資産)には、通貨や金利、債券、株式、株価指数、コモディティなどがあります。

|オプション取引の種類

オプション取引において、原資産を買う権利のオプションを「コールオプション」、売る権利のオプションを「プットオプション」と言います。

コールオプション:買うことができる権利
プットオプション:売ることができる権利

|オプション取引の立場

コールオプションとプットオプションについて、それぞれに買い手と売り手がいるので、オプションの売買には4つの立場があります。

・コールの買い(買う権利の保有者)
・プットの買い(売る権利の保有者)
・コールの売り(買う権利の付与者)
・プットの売り(売る権利の付与者)

オプション取引の概要

オプション取引の権利行使

オプション取引は、マーケットにおいて、リスクヘッジやトレーディングなどで広く利用されており、また実務面では、権利行使と決済方法に注意することが必要です。

|オプションの権利行使

オプションの権利行使には、「ヨーロピアンタイプ」、「アメリカンタイプ」、「バミューダタイプ」の3つがあります。

ヨーロピアンタイプ:一定の期日(権利行使日)にのみ権利行使可能
アメリカンタイプ:一定の期間内にいつでも権利行使可能
バミューダタイプ:満期日までの複数回の期日に権利行使可能

|オプションの決済方法

オプションの決済方法には、「権利行使」、「権利放棄」、「反対売買」の3つがあります。オプション取引では、権利を行使するかしないかは、権利の購入者が決定する一方、権利の売却者はプレミアムと引き換えに、購入者の権利の行使時にそれを実行する義務を負います。

オプション取引のプレミアム

オプションの権利に対して付けられる価値のことを「オプション料」や「プレミアム」と言い、「本質的価値」と「時間的価値」から構成されます。

本質的価値

本質的価値(Intrinsic Value)は、「本源的価値」や「真正価値」、「内在的価値」とも呼ばれ、「権利行使価格(行使価格)」と「原資産価格(市場価格)」の差額分のことで、オプションの現時点での価値を意味します。

・原資産価格と権利行使価格の差
・オプションを権利行使した際に得られる利益

時間的価値

時間的価値(Time Value)は、「実際のプレミアム」と「本質的価値」との差額のことで、満期日までに原資産価格(市場価格)が変動して本質的価値が大きくなることを期待した価値を意味します。

・権利行使によって利益を得られる可能性
・時間の経過と共に減衰し、最後はゼロになる

オプション取引のタイプ

オプション取引は、タイプ(形態)によって、「バニラ・オプション」と「エキゾチック・オプション」の二つに区分されます。

バニラ・オプション

バニラ・オプション(Vanilla Option)は、単純なコールやプットの取引を行う、通常の基本的なオプション取引のことをいいます。

エキゾチック・オプション

エキゾチック・オプション(Exotic Option)は、通常のオプション(バニラ・オプション)に特殊な条件(ルール)を加えたオプション取引のことをいいます。現在、代表的なものとして、「バリアー・オプション」や「バイナリー・オプション」、「アベレージ・オプション」、「ルック・バック・オプション」などがあります。

オプション取引の主なポイント

オプション取引とは、通貨や金利、株式、コモディティなどの特定の資産について、一定の期間内または一定の期日に、予め定めた価格で買う権利あるいは売る権利を売買する取引をいい、主なポイントとして以下が挙げられます。

◎先物取引が、売買の契約なのに対し、オプション取引は権利の取引になる(売りまたは買いの権利を売買する取引)。

◎オプションのプレミアムは、原資産価格と比べて大きく変動する。

◎オプションの買い手は、少額の資金で売買する権利を取得し、また権利行使をしなくても、損失は当初支払ったプレミアムに限定される。

◎オプションの売り手は、プレミアムを得ることができるが、相場が予想外に動いて権利行使をされた場合、損失は無限大になる可能性もある。

価格変動リスクをヘッジできると共に、リターンも同時に追求できる。

◎様々なオプションを組み合わせて、現物取引にない損益パターンを創ることができる。

日本の取引所の主なオプション取引

現在、日本において、オプション取引には以下のようなものがあり、その中でも株価指数(日経平均株価)を対象とした、大阪取引所の「日経225オプション」が最もよく取引されています。

|大阪取引所のオプション取引

株価指数オプション(日経225オプション、TOPIXオプション、JPX日経インデックス400オプション、東証銀行業株価指数オプション)、国債(JGB)先物オプション、有価証券オプション、東証REIT指数オプション

|東京金融取引所のオプション取引

ユーロ円3ヵ月金利先物オプション

|東京商品取引所のオプション取引

金先物オプション(100グラム単位)