iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

金利オプション

読み方: きんりおぷしょん
英語: Interest Rate Option
分類: オプション

金利オプションは、オプション取引の中で、金利商品を原資産とするデリバティブ取引をいいます。

金利や金利デリバティブを予め決められた特定の価格(権利行使価格)で「買う権利」または「売る権利」を売買するオプション取引で、その種類には、金利先物オプション、スワップション、金利キャップ、金利フロア、カラー、キャップション、フロアションなどがあります。

一般に金利オプションは、マーケットの各種金利の変動に対応したもので、その取引方法には、取引所取引相対取引の二つがあります。

目次:コンテンツ構成

取引所取引の金利オプション

現在、日本において、取引所取引の金利オプションには、東京金融取引所の「ユーロ円3ヵ月金利先物オプション」があり、多様な相場観に基づく投資ストラテジーを実現することができます(上場商品はこれのみ)。

ユーロ円3ヵ月金利先物オプションとは、原資産であるユーロ円3ヵ月金利先物を当初設定した特定の価格(権利行使価格)で買ったり、売ったりする権利を取引するもので、またユーロ円3ヵ月金利先物とは、将来のある一定の日付から始まる円の3ヵ月金利を予想し、現時点で価格を決める取引となっています。

相対取引の金利オプション

相対取引(店頭取引)の金利オプションの代表的なものには、「スワップション」「金利キャップ」「金利フロア」の3つがあり、通常、オプションの買い手は、金利変動リスクヘッジに使うことが多いです。

|スワップション(Swaption)

スワップションとは、スワップを行う権利を売買する、スワップ取引を原資産としたオプション取引をいいます。現在、原資産は大半が金利スワップとなっており、固定金利を支払い、変動金利を受け取る権利のものを「ペイヤースワップション」、また変動金利を支払い、固定金利を受け取る権利のものを「レシーバースワップション」と呼びます。

|金利キャップ(Cap)

金利キャップとは、オプション(キャップ)の買い手が売り手に対してプレミアムを支払うことによって、契約期間中の各金利更改日に基準金利がストライクプライス(キャップレート)を上回った場合に、その差額(金利差)を受け取ることができる取引をいいます。

|金利フロア(Floor)

金利フロアとは、オプション(フロア)の買い手が売り手に対してプレミアムを支払うことによって、契約期間中の各金利更改日に基準金利がストライクプライス(フロアレート)を下回った場合に、その差額(金利差)を受け取ることができる取引をいいます。