為替レート

読み方: かわせれーと
分類: 為替相場

為替レートは、「為替相場」とも呼ばれ、外国為替市場において、ある国の通貨と他の国の通貨(自国通貨と外国通貨)の交換比率のことをいいます。これは、現在、米ドルが世界の基軸通貨であるので、マーケットでは主に米ドルを基準に各通貨の交換比率が表示されています。

一般に外国為替市場において、ドル/円の為替レートと言った場合、ドルに対しての円の価格になります。また、「ドル/円が上昇する」とは、ドルの価格が円に対して上昇することを意味するのに対して、「ドル/円が下落する」とは、ドルの価格が円に対して下落することを意味します。

為替レートの表示方法

為替レートには、「自国通貨建て」と「外国通貨建て(外貨建て)」の二通りの表示方法があります。

・「1ドル=100円」という表示は、日本にとっては自国通貨建て、米国にとっては外貨建て
・「1円=0.01ドル」という表示は、日本にとっては外貨建て、米国にとっては自国通貨建て

為替レートの分類

為替レートは、「インターバンクレート」と「カスタマーズレート」、「直物為替レート」と「先物為替レート」に分けられます。また、相対取引のため、金融機関によって、提示レートが若干異なります。

インターバンクレートとカスタマーズレート

為替レートは、取引される市場の違いから、インターバンクレート(銀行間相場)とカスタマーズレート(対顧客相場)の二つに分類されます。

|インターバンクレート|
金融機関が参加するインターバンク市場で取引される為替レート。

|カスタマーズレート|
金融機関が顧客(個人・法人等)と取引を行う際に用いられる為替レート。

直物為替レートと先物為替レート

為替レートは、通貨の受け渡しの時期によって、直物為替レート(直物相場)と先物為替レート(先物相場)の二つに分類されます。

直物為替レート
取引日から2営業日後に通貨の受け渡し(資金決済)が行われる為替レート。

先物為替レート
取引日から3営業日以降の特定日に通貨の受け渡し(資金決済)が行われる為替レート。

為替レートの主な特色

為替レートは、マーケットの様々な取引価格の中で、以下のような特色があります。

・単なる通貨の両替価格ではない。
・実際は外国通貨や外貨手形などを売買する形をとるので、外国為替という商品の価格と言える。
・米ドルが基軸通貨となっており、米ドルを基準に相場を見る傾向がある。
・為替レートは、常に上下に動き、時間の経過と共に、山と谷の反転を繰り返しながらトレンドを形成する。
カレンシーボード制固定相場制管理変動相場制変動相場制 の順で相場の変動幅が大きくなっている。