流れ星

【読み方:ながれぼし、分類:二本足】

流れ星は、チャートにおいて、陽線または陰線の後に放れて出現した、実体が短くて上影の長いローソク足(陽線、陰線)をいいます。

二本足の一つで、陽陽、陽陰、陰陽、陰陰の4つの組み合わせ(形態)があり、前日の高値または安値から放れて始まり、その勢いで大きく上昇した後、押し戻されるも、前日の値幅外(高値の上)で終わったことを意味します。

流れ星の例

一般に流れ星の解釈は状況や形態により異なりますが、特に高値圏で出現した場合は、上昇から下落への転換を暗示することがあるので注意が必要です。

※流れ星の下影については、全くないか、極めて短いこと。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集