トウバ

【読み方:とうば、分類:ローソク足】

トウバは、「塔婆」とも表記され、寄引同事線の一つで、実体(一本線)と上ヒゲだけのものをいいます。これは、ローソク足において、始値終値安値が同じで、高値があった場合にできる、下ヒゲがなく、上ヒゲがある、逆T字の形状のものを指します。

トウバの例

一般に高値圏でトウバが出現した場合、市場で売り買いが拮抗し始めていることを意味し、それまでのトレンドからの転換を示唆すると言われ、近い将来、上昇から下落に転じる可能性があるので注意しましょう。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集