分足

【読み方:ふんあし、分類:ローソク足】

分足は、取引時間中の任意の分数の値動きを対象とする(ローソク足)のことをいいます。これは、一日の相場において、タイムリーかつ連続した値動きを見ることができるもので、1分足や3分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足などがあり、ニーズに合わせて利用します。

分足の例

一般にデイトレードでは、1分足や5分足などのチャートがよく使われ、目先の値動きだけに翻弄されないようにするために、15分足や30分足など少し長めのものと併用すると良いそうです。

なお、ローソク足とは、一定期間の値動き(始値高値安値終値)を「実体」と「ヒゲ」の2つの部分で表したもので、形がローソクに似ていることから、その名が付けられました。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集