GAFMA(ガフマ)

読み方: がふま
分類: IT企業群

GAFMA(ガフマ)は、2012年頃から海外出版界で使われるようになった、出版業界に対する脅威とみなす、米国の巨大IT企業のことをいいます。これは、検索エンジンやクラウドなどを提供する「Google(グーグル)」、デジタルデバイス(iPhone・iPad・Mac他)やソフトウェアなどを提供する「Apple(アップル)」、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を提供する「Facebook(フェイスブック)」、ソフトウェアやクラウドなどを提供する「Microsoft(マイクロソフト)」、世界最大のネット通販(電子商取引)を運営する「Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)」の5社の頭文字をつないだ呼称(造語)となっています。

なお、GAFMAは、元々は出版業界に対する脅威として使われていましたが、その後、時代の変遷の中で、個人データを集約して活用するプラットフォーマーとして、これらの企業が他業界でも脅威となり、昨今では、マイクロソフトを除いた「GAFA(ガーファ)」がGAFMAに代わって使われています。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

フィンテックが身近に。世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーに注目!