特定株

読み方: とくていかぶ
分類: 株式区分

特定株は、「固定株」や「少数特定者持株」とも呼ばれ、上場企業の株式の中で、創業者一族やその企業の役員関係会社などの大株主(少数特定者)が常時保有していて、株式市場には流通しない(出回りにくい)株式のことをいいます。これは、株式市場で幅広く流通し、常に売買されている株式を指す「浮動株」に対する呼称で、一般的には「大株主上位10名及び特別利害関係者(役員等)が所有する株式と上場会社が所有する自己株式」と定義されることが多いです。また、特定株比率(少数特定者持株数比率)とは、発行済株式数の内、特定株の占める割合をいい、本比率の高い銘柄は流動性が低くなります(本比率は、四季報や会社情報などにも記載されている)。

一般に特定株は、経営権を握るためや、提携関係を結ぶために保有されている株式であり、通常、企業業績や株価変動などにより売られることはありません。その一方で、特定株比率が高すぎると株式の流動性が低くなってしまうことから、東京証券取引所では、特定株比率が75%超のまま所定の期間を経過すると、上場廃止基準に抵触するとしています。