フロントランニング

英語名: Front running
分類: 不公正取引

フロントランニングは、顧客の注文情報を利用した自己売買のことをいいます。これは、証券会社等の金融商品取引業者やその役職員が、顧客から有価証券の売買の委託等を受けた場合、その売買を成立させる前に、自己の計算において、同一銘柄の売買を成立させることを目的として、同一価格を含む顧客の注文より有利な価格で有価証券の売買を行うことを指し、その行為は顧客に対する誠実義務に反するものです。

現在、金融商品取引法および金融商品取引業等に関する内閣府令において、フロントランニングは公正な取引を阻害する行為として禁止されています。そのため、金融商品取引業者やその役職員は、顧客から売買の注文を受けた場合、顧客注文の優先のルールに従って、速やかに売買を成立させるように努める義務があります。