半導体関連株

読み方: はんどうたいかんれんかぶ
分類: 銘柄(テーマ)

半導体関連株は、「半導体関連銘柄」とも呼ばれ、ハイテク株の一つで、半導体製造や半導体装置、半導体受託製造(ファウンドリー)など半導体(semiconductor)に関連する企業の株式(銘柄)のことをいいます。これは、パソコンやスマホ、情報機器などの半導体需要に左右されると共に、グローバル市場での競争となるため、最先端の研究開発投資を行ってシェアと収益を確保できない企業は市場から淘汰される運命となります。

現在、世界の有力な半導体関連株と言った場合、インテル、マイクロン・テクノロジ、クアルコム、ブロードコム、アプライド・マテリアルズ、エヌビディア、サムスン、TSMCなどが有名で、また日本企業では、東京エレクトロン、アドバンテスト、ディスコ、東京精密、ルネサスエレクトロニクス、東芝メモリ、日立国際電気などが挙げられます。