内需関連株

読み方: ないじゅかんれんかぶ
英語名: Domestic demand related stock
分類: 銘柄(テーマ)

内需関連株(内需関連銘柄)は、事業基盤が主に日本国内にあり、内需(国内需要)の変動が企業業績に大きな影響を与える業種の株式(銘柄)をいいます。これは、日本国内で物やサービスを提供することが収益の柱となっている企業を指し、具体的には、建設や不動産、倉庫、運輸、ホテル、鉄道、電力・ガス、鉄鋼、セメント、紙・パルプ、金融、通信、小売、外食などの銘柄が挙げられます。

一般に内需関連株は、住宅建設や公共事業、企業の設備投資、個人の消費支出などの国内景気に左右され、また地価や賃料などの不動産市況の影響を受けることもあります(国内景気が好調な時に、より業績の拡大が見込まれる傾向がある)。また、輸入を行っている企業や輸入製品に依存する企業などの場合は、円高の時に利益が増え、円安の時に利益が減る傾向があります。

なお、内需関連株に対して、輸出や海外現法の売上など、海外事業が収益の大きな柱となっている業種の銘柄を「外需関連株」と言います。

<本用語の使用例>

・金融や不動産、小売などの内需関連株が軒並み上昇した
・外部要因に左右されない内需関連株中心に物色の矛先が向かった
・建設や不動産など内需関連銘柄の一部は買われたものの、ほぼ全面安の展開となった