レーティング

英語: Rating
分類: 株価

レーティング(Rating)は、株式投資においては、証券会社やリサーチ機関の株式の分析・評価を行うアナリストが、上場企業を調査した上で、ある一定期間内の株価の"値上がり"または"値下がり"の可能性を予測した投資判断をいいます。

また、上記の他に、格付会社が債券等に格付けを付与することや、投信評価会社がファンドのパフォーマンスを評価することも「レーティング」と言います。

目次:コンテンツ構成

個別企業のレーティングの表示方法

現在、個別企業のレーティングの表示方法については様々ですが、独自の記号と共に、「買い・中立・売り」の投資判断を示すほか、目標株価を示す場合もあります。また、個別企業以外には、セクターの投資判断も行っています。

※目標株価:アナリストが担当するセクターの銘柄毎に算出している予想株価で、株価の絶対水準(数値)が示される。

ちなみに、外資系証券会社や大手証券会社によるレーティングや目標株価の変更が行われると、該当企業の株価が大きく動くこともあります。

個別企業のレーティングの仕組み

アナリストが個別企業のレーティングをする際には、TOPIXやセクターの株価指数などをベンチマークとして、それを上回るパフォーマンスが狙えるか、平均的なパフォーマンスが狙えるか、それを下回るパフォーマンスしか狙えないかといった基準で投資判断を行う仕組みが一般的です。