寄り天

読み方: よりてん
分類: 値動き

寄り天は、「寄り天井」とも呼ばれ、主に株式相場で使われる用語で、一日の取引の内で高値寄り付きでつくことをいいます。これは、寄り付きの株価がその日の高値となり、その後、株価が軟調に推移して、そのまま大引けした場合を指し、またローソク足陰線になります。

一般に寄り天は、寄り付きで買い注文が集まって株価が上昇したものの、その後、材料難悪材料などで売り圧力に負けて株価が下落するもので、寄り付きの買いで約定した場合、日中、含み損が出続けるので精神的ダメージが大きいです、また、デイトレの失敗として、寄り天になった時に売り損なうこともよくあります。

<本用語の使用例>

・今日は寄り天だろうから、空売りを準備しよう
・日経平均株価は反発するものの、結局は寄り天で終わった