軟調

読み方: なんちょう
英語名: Weak, Downward
分類: 状況

軟調は、マーケットにおいては、買い気が乏しく、相場が少し安い状態のことをいいます。これは、需給関係が緩み、相場が緩やかに下がっている状態(下がり気味)のことを指し、具体的には、少し下降基調を続けている時に、市場全般および個別銘柄の両方でよく使われます(特に相場の全体感をつかむ時に用いられる)。また、軟調とは反対(逆)に、相場が上向きで、しっかりしている状態のことを「堅調」と言います。

一般に軟調な相場では、市場での売買は盛り上がらず、また出来高も少ないため、さらに悪材料が発生した場合、時として「大幅安」になることもあります。ちなみに、本用語には、相場以外では、柔らかい調子であることや明暗の対照が乏しいことなどをいいます。

<本用語の使用例>

・今日の東京株式市場は軟調な展開になるとみられている
・小売株が軟調だった他、素材株や一般産業株などの景気敏感株にも売りが出た
・株価反発を受けてドル相場が総じて軟調に推移したことを受け、地合いを引き締めた