年金手帳

読み方: ねんきんてちょう
分類: 年金|書類

年金手帳は、各人の基礎年金番号等が記載された、公的年金の加入者に交付される手帳をいいます。これは、20歳を超えた日本人および一定の範囲の外国人に対して交付される、年金に関する基本情報がまとめられたものです。通常、国民年金や厚生年金など公的年金制度の加入者に対して1人に1冊交付され、一度交付されると転職などで加入制度が変わっても新たに交付されません。また、年金に加入した時に交付されるのが「年金手帳」なのに対して、年金の受給要件を満たし、裁定請求を行った上で受給資格が認定されると交付されるのが「年金証書」です。

一般に年金手帳は、年金の届け出や手続きなどの際に一生を通して使用するものなので、大切に扱うことが必要です(基礎年金番号は一生変わらず)。また、年金手帳を紛失したり、2冊以上持っている時などには届け出が必要となります。なお、従来、公務員などで共済組合に加入している組合員や加入員には年金手帳は発行されていませんが、1997年1月の基礎年金番号導入後は、日本年金機構(旧・社会保険庁)から所属の共済組合を通じて「基礎年金番号通知書」を交付しています。

年金手帳の色の違いと主な種類

・カーキ:国民年金手帳(1961年~)
・オレンジ:国民年金・厚生年金共通の年金手帳(1974年11月~)
・ブルー:全ての公的年金制度共通の年金手帳(1997年1月~)

年金手帳の記載内容(オレンジ)

・基礎年金番号
・氏名、生年月日、性別、住所
・交付年月日
・国民年金の記録
・厚生年金の記録
・被保険者の行う届出手続等
・備忘録