東京プロボンドマーケット

読み方: とうきょうぷろぼんどまーけっと
英語名: TOKYO PRO-BOND Market
分類: マーケット|市場

東京プロボンドマーケット(TOKYO PRO-BOND Market)は、日本取引所グループ東京証券取引所が開設する、国内外の機関投資家などを対象としたプロ投資家向けの債券市場をいいます。これは、2008年の金融商品取引法の改正で導入された「プロ向け市場制度」に基づくもので、柔軟かつ機動的な債券発行を実現し、国内外の発行体と投資家のほか、証券会社など市場関係者の利便性を向上させ、アジアの中核としての日本の債券市場の発展に貢献することを目的としています(2011年5月に設立)。

現在、本市場が扱う有価証券等は、国内や海外の企業が発行する社債や政府系機関の発行する債券などが対象となっており、発行地に関する制約は特にありません。また、発行体の財務情報や起債予定額を予め登録することで、発行時に必要な開示書類を簡素化し、起債しやすくしています。

●機動的かつ柔軟な起債が可能

・債券を発行する際に必要な開示書類を、投資家への情報提供の質を損なうことなく大幅に簡素化するなど、手続きを効率化することにより、金利為替などの市場環境に対応した機動的かつ柔軟な発行を実現している。

・海外のMTNプログラムと同様、発行体の財務情報や当年の起債予定額を本市場に登録(プログラム上場)すると、その予定額の範囲内で随時債券を発行できる仕組みを導入している。

●海外発行体に対する高い利便性

・日本会計基準の他に、国際会計基準や米国会計基準も採用し、円建て以外の様々な通貨での発行が可能となっている。

・従来のサムライ債(円建て外債)の発行には、日本語による開示が必要だったが、本市場では英語のみでの開示が可能となっている。