安定操作期間

読み方: あんていそうさきかん
分類: マーケット|取引

安定操作期間は、安定操作取引が行われる期間のことをいいます。これは、通常、有価証券の募集や売出しの価格決定日の翌日から募集や売出しの申込最終日とされており、また募集や売出しに関する取締役会決議等が行われた日の翌日から払込日までの期間を「ファイナンス期間」と言います。また、安定操作取引とは、有価証券の募集や売出しを円滑に行う目的で、買い支え等の売買を行って価格の安定を図る取引(安定操作)について、金融商品取引法において認められているものをいいます。

一般にマーケットにおいて、価格形成を人為的に歪曲する行為を「相場操縦」と言い、投資家保護に反するため法律で禁止されていますが、その中で、例外的に安定操作取引は一定の要件の下で認められています(例えば、大量の新株の募集や売出しが行われる場合など)。なお、安定操作取引を行った金融商品取引業者は、当該銘柄の有価証券に関して、安定操作期間中に顧客に対して、安定操作取引が行われた旨を提示しなければなりません。