安定操作取引

読み方: あんていそうさとりひき
分類: 市場取引

安定操作取引は、有価証券の募集や売出しを円滑に行う目的で、買い支え等の売買を行って価格の安定を図る取引(安定操作)について、金融商品取引法において認められているものをいいます。

具体的には、有価証券の相場をくぎ付けし、固定し、または安定させる目的をもって、有価証券市場における一連の売買またはその委託もしくは受託をする行為であり、簡単に言えば、相場を動かないようにするために、売買取引を行うなどして意図的に相場を操作することを指します。

一般にマーケット(市場)において、相場を動かないようにする行為は、人為的に有価証券市場において相場を形成することになり、相場操縦行為の一つとして投資家保護に反するため、禁止されています。

一方で、その例外として、市場の需給バランスが崩れて、価格の下落を招く恐れがある場合など、有価証券の募集や売出しを円滑に行う目的で買い支え等の売買を行って価格の安定を図る取引については、一定の要件の下で、金融商品取引法において「安定操作取引」が認められています。