預金準備率操作/支払準備率操作

読み方: よきんじゅんびりつそうさ
分類: マーケット|金融政策

預金準備率操作は、「支払準備率操作」とも呼ばれ、中央銀行(日本銀行)が行う金融政策の一つで、預金準備率の比率を変更することをいいます。また、預金準備率とは、準備預金制度により、金融機関が預金等の残高の一定比率以上を日本銀行に無利子で預け入れる比率のことをいい、金融機関の種類、預金等の種類、預金等の額(残高)によって決められています。現在、対象となる金融機関は、都市銀行地方銀行第二地方銀行信託銀行外国銀行在日支店、信用金庫(預金残高1600億円超の信用金庫のみ)、農林中央金庫などとなっています。

一般に預金準備率操作では、その率を操作(上げ下げ)することによって、金融機関の資金コスト(企業などへの貸し出しの資金を調達するために必要なコスト)をコントロールし、間接的に金融機関の貸し出しの資金量を調整しています。すなわち、中央銀行は、預金準備金(所要準備額)を通して、マネーストックを増減させることができます。