イールド・ハント

読み方: いーるどはんと
分類: 金利

イールド・ハントは、「利回り狩り」とも呼ばれ、少しでも高い利回りを求めて、世界中で投資先を探すことをいいます。

世界的な金融緩和などにより、主要国(先進国)の金利水準が大きく低下する場合に、投資家がマーケットで取る行動の一つで、この場合、ある程度のリスクを許容して相対的に利回りが高い金融商品に投資します。

2008年の世界的な金融危機以前の強欲なイールド・ハントは、投資不適格な債券等も投資対象でしたが、昨今では、過去の学習効果からか、単に利回りだけでなく、リスクも勘案するようになっており、株式と債券の商品性を併せ持つハイブリッド証券なども注目されています。