売り建て玉(売り玉)

読み方: うりたてぎょく
分類: 市場取引

売り建て玉(売建玉)は、「売り玉」とも呼ばれ、信用取引や先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、CFD取引などの証拠金取引において、売付けをして、まだ決済をしていないものをいいます。

また、ある売り玉が一つあるということは、それに関して一人の売り手と買い手がいることを意味します。

一般に売り建てをすると、その時々の市場価格(時価)で売り玉に評価損益が発生し、その後、相場動向を見ながら反対売買(買いで決済)を行うことで実現損益が確定することになります。なお、取引口座にある証拠金によって、取引できる建玉に制限があります。