ゴーイングプライベート

英語名: Going Private
分類: 企業再生

ゴーイングプライベートは、「プライベタイゼーション」とも呼ばれ、上場企業の非公開化(株式の非上場化)のことをいいます。これは、対象会社の大株主または対象会社の経営陣と外部の投資家が出資した特別目的会社(SPC)などが、主としてTOB(株式公開買い付け)やMBO(マネジメント・バイ・アウト)などによって発行済株式を取得し、取引所に上場廃止申請を行うことによって達せられます。

一般にゴーイングプライベートは、経営難の上場企業を買収後に経営再建する場合や、非公開化した方が経営面でメリットが高い場合などに実施され、過去において、日本での実施例としては、ワールド、ポッカコーポレーション、すかいらーく、吉本興業、コンビ、ローランド、アデランス、ADK、黒田電気などが挙げられます。また、本用語については、全発行済株式を取得し、少数株主を排除することまで指すことが多いです。(上場廃止においては、必ずしも全発行済株式を取得する必要はない)

<ゴーイングプライベートの実施メリット>

●非公開化により、上場会社としての法的義務(金融商品取引法上の法定開示義務等)や、IRコスト・上場コスト等の費用負担をなくすことができると共に、非上場企業となることで買収防衛策としても機能することになる。

●経営面において、自由度が大きく広がり、抜本的なリストラや事業再編など、経営改革をスピーディーに進めることができる。