物言わぬ株主

読み方: ものいわぬかぶぬし
分類: 会社・経営|株主

物言わぬ株主は、個人株主や法人株主など、会社の経営方針に対して、あまり口をはさまない株主(投資家)のことをいいます。これに対して、株主としての権利を積極的に行使して、会社に影響力を及ぼし、会社を変えていこうとする投資家のことを「物言う株主アクティビスト)」と言います。

長い間、日本においては、保険会社等の機関投資家、株式持ち合いを目的とした銀行などの大口株主は、株式を保有する企業と持ちつ持たれつの関係にあったことから、会社の経営方針にはあまり口をはさまない慣習が続いていました。一方で、時代の変化により、外国人株主に代表される物言う株主の台頭が顕著化し、また日本版スチュワードシップ・コードの導入などもあり、今日では、保険会社などの機関投資家は、株主総会での議決権行使に際して、議案によっては反対に回るケースも増えています。