機関投資家

読み方: きかんとうしか
英語名: Institutional investor
分類: 市場参加者

機関投資家は、顧客から拠出された資金を運用・管理する法人投資家の総称をいいます。また、日本の金融商品取引法では、有価証券投資に係る専門知識と経験を有する者を「適格機関投資家」と呼んでいます。

現在、「機関投資家」と呼ばれる先には、投資顧問会社や投資信託会社、生命保険会社、損害保険会社、信託銀行、系統金融機関、政府系金融機関、年金基金などが挙げられます。また、運用資金の元手は様々ですが、例えば、保険会社であれば「保険加入者の保険料」、投資信託会社であれば「顧客のファンド購入資金」、また年金基金であれば「年金加入者の保険料」などとなっています。

一般に機関投資家は、大量の資金をまとめて運用するため、マーケット(市場)の中での存在感は常に大きく、その時々の相場形成に与える影響は非常に大きいと言えます。通常、運用手法については、そのタイプによって異なりますが、全体として見れば「中長期投資」が多く、明確な投資プランやルールなどに基づいて運用が行われます。また、リスク管理が厳格で、かつ決算期があるため、相場のタイミングを捉えた機動的で迅速な運用ができるという訳ではありません。

なお、機関投資家は、業務として運用を行うにあたって、最終的に顧客に対して説明できるような運用をしなければならないため、市場においては「無難で妥当な運用」をしていると言えます。