少数株主権

読み方: しょうすうかぶぬしけん
分類: 会社・経営|株主

少数株主権は、株主の権利のうち、一定数以上の株式を保有する株主(少数株主)に認められた権利のことをいいます。また、少数株主とは、総議決権の一定割合または一定数の議決権などを有する株主のことであり、また企業の連結決算においては、ある子会社自己資本の中で、親会社の持ち分以外の部分を所有している株主のことをいいます。

一般に少数株主権は、大株主の意向のみが優先されるような偏った経営方針や経営陣の行き過ぎなどをチェック(防止)するために、それらに対して異議を申し立てられるような権利を少数株主に与えるものです。具体的には、議決権(株数)によって行使できる権利は異なっており、議決権を1%以上持っている場合は、株主提案権などがあり、また議決権を3%以上持っている場合は、会計帳簿閲覧権、会計帳簿謄写請求権、株主総会招集請求権、取締役監査役の解任請求権、整理申立権などがあり、どれも「共益権」に該当します。

なお、共益権とは、株主の権利として権利行使の結果が株主全体の利益につながるものをいいます。