持分法適用会社

読み方: もちぶんほうてきようがいしゃ
分類: 会社区分

持分法適用会社は、連結決算の際に、持分法が適用される会社をいいます。これは、原則として、議決権の所有比率が20%以上50%未満の非連結子会社および関連会社を指しますが、重要性の乏しいものについては、持分法適用会社としないことも認められています。

一般に連結財務諸表の作成において、持分法適用会社は、連結子会社とは異なり、財務諸表を合算するのではなく、議決権の所有会社の持株比率に応じて、「投資有価証券」の勘定項目に被所有会社の損益等を反映させるように数値を修正するだけとなっています。

ただし、連結と持分法が、連結財務諸表上の当期損益および純資産に与える影響については同じです。

※持分法:投資会社が、被投資会社の純資産及び損益のうち当該投資会社に帰属する部分の変動に応じて、その投資の金額を各事業年度ごとに修正する方法。