金利優遇

読み方: きんりゆうぐう
分類: 金利

金利優遇は、預金ローンで主に使われる用語で、銀行・信金・信組・労金・農協等の金融機関店頭金利(基準金利)から金利が優遇されることをいいます。

例えば、住宅ローンにおいては、「全期間優遇タイプ」と「一定期間優遇タイプ」があり、前者の全期間優遇タイプでは、借入期間中は一定幅で優遇されるのに対して、後者の一定期間優遇タイプでは、当初一定期間は比較的大きく優遇し、残りの期間の優遇幅は全期間優遇タイプより小さくなっています。

一般に金融機関では、給与振込や公共料金自動支払などの所定の取引がある顧客に対して、住宅ローンの金利優遇を行っていることが多いです。また、その他に、ネット専用定期や外貨定期預金、定期預金と投資信託とのセット取引などでも金利優遇を行っています。