担保割れ

読み方: たんぽわれ
分類: 担保・保証

担保割れは、債務に対して、担保が十分な弁済能力を持たなくなっている状態をいいます。

担保として提供された物件の評価額が、ローンなどの債務残高より少なくなっている状態であり、例えば、不動産融資の場合、土地や建物などの不動産の担保評価額が、その不動産を担保に借りたローンの残高より少なくなっている状態を指します。

一般に金融機関等においては、担保割れは切実な(早急に対処すべき)問題であり、過去には、バブル崩壊後の不動産価格の低迷により、相次ぐ不良債権増加の大きな要因となりました。

担保割れの概要

<担保割れになった場合>

◎金融機関等の債権者側では、万一(延滞・破綻等)の場合に、債権を全額回収できなくなるリスクが生じる。

◎借主等の債務者側では、返済不能等の場合に、担保物件を売却しても債務が残ってしまうリスクが生じる。

なお、担保割れは、個人においては、住宅ローン残高が住宅(戸建て・マンション等)の売却価格を上回る状態をいうこともあります。