担保割れ

読み方: たんぽわれ
分類: 担保・保証

担保割れは、債務に対して、担保が十分な弁済能力を持たなくなっている状態をいいます。これは、担保として提供された物件の評価額が、ローンなどの債務残高より少なくなっている状態を指し、例えば、不動産融資の場合、土地や建物などの不動産の担保評価額が、その不動産を担保に借りたローンの残高より少なくなっている状態をいいます。また、その他に、住宅ローン残高が住宅(戸建て・マンション等)の売却価格を上回る状態をいうこともあります。

一般に金融機関等においては、担保割れは切実な(早急に対処すべき)問題であり、過去には、バブル崩壊後の不動産価格の低迷により、相次ぐ不良債権増加の大きな要因となりました。通常、担保割れになると、金融機関等の債権者側では、万が一(返済不能等)の場合に債権を全額回収できなくなるリスク(保全面に問題)が生じるのに対して、借主等の債務者側では、返済不能等の場合に、担保物件を売却しても債務が残ってしまうリスクが生じます。

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。