金融経済教育

読み方: きんゆうけいざいきょういく
分類: 金銭

金融経済教育は、日常生活に必要な金融や経済に関する素養の教育をいいます。

かつて(一昔前)は、あまり注目されることがありませんでしたが、今日では、その重要性が社会的(公的)に認識されており、金融庁が金融経済教育研究会を設置し、また金融広報中央委員会が金融経済教育推進会議を設置しています。

一方で、民間においては、全国銀行協会や日本証券業協会、日本FP協会、日本取引所グループ、個別金融機関なども取り組むようになっており、その裾野が広がっています。

一般に金融経済教育は、社会人として経済的に自立し、より良い暮らしを送っていく上で欠かせない生活スキルである「金融リテラシー」を身につけるのが目的です。

現在、金融経済教育推進会議では、最低限身に付けるべき金融リテラシーの内容を、項目別・年齢層別に体系的かつ具体的に記した「金融リテラシーマップ」を公表しています。