T+1

読み方: てぃーぷらすわん
分類: 取引・決済

T+1は、有価証券の売買において、決済日(受渡日)が約定日の翌営業日であることをいいます。

Tとは、"Trade date"の略で、+1とは、1日後を示すことから、「T+1」は、約定日(売買が成立した日)の翌営業日が受渡日であることを意味します。

長い間、日本や欧米では、約定日の3営業日後に決済する「T+3」が多かったですが、昨今では、各国において、決済リスクの低減などの観点から「T+1」決済に向けた対応が進められており、日本では、2018年5月1日から国債取引で「T+1」となりました。