サヤ取り

読み方: さやとり
分類: 投資手法

サヤ取り(鞘取り)は、価格推移の相関性(連動性)の高い二銘柄に注目し、買いと売りの両建てポジションを取り、その価格差(サヤ)の伸縮から利益を狙う投資手法をいいます。

主に株式取引や商品先物取引などで行われるもので、時として連動性の高い二銘柄において、サヤが正常でない状態になることがあり、その際に割高な方を売り建てると同時に割安な方を買い建て、この両建てのポジションをしばらく維持し、サヤが正常に戻った時に両方を手仕舞いすれば利益になる仕組みとなっています。

通常、片張りの売買では、相場の突発的な上げ下げというリスクがありますが、一方でサヤ取りでは、相場全体が突発的に大きく動いた場合でも二銘柄の損益が相殺されるため、市場全体の価格変動リスクを軽減しながら運用を行なうことができます。

<上記以外の株式取引の「サヤ取り」>

◎発行日決済取引などで旧株新株の間で値段の開きがある場合、最終的に一つの値段になるため、高い方を売って安い方を買うことにより利益を生み出す取引を指すこともある。

デイトレなどで、同一銘柄に対して、より低い価格で買って、より高い値段で売って利益を得る取引を指すこともある。