代用掛目

読み方: だいようかけもく
分類: 資産管理

代用掛目は、信用取引や先物・オプション取引などで、委託保証金(委託証拠金)として、代用有価証券(株式・公社債等)を現金の代わりに用いた(預託した)場合の「現金換算比率」のことをいいます。

一般に現金の担保価値は、評価額どおりの100%であるのに対して、代用有価証券の担保価値は、価格変動リスクを考慮して評価額(時価)に一定の比率(代用掛目)を用いて現金換算されます。また、掛目の上限は法令で定められており、対象となる有価証券の種類によって異なります。

なお、代用掛目は、金融商品取引所(証券取引所)の増担保規制や、証券会社等の個別規制などにより変更される場合もあります。