委託手数料

読み方: いたくてすうりょう
英語: Commission
分類: 資産管理

委託手数料は、委託された業務を遂行した報酬としての金銭をいいます。これは、金融取引では、証券会社等が投資家から株式や債券、先物・オプションなどの売買取引をブローキング(仲介)することで徴収する手数料を指します。

また、同様な意味で、商品先物取引でも使われており、この場合、商品先物取引業者が投資家から商品先物の売買取引を仲介することで徴収する手数料を指します。

目次:コンテンツ構成

委託手数料の仕組み

株式や先物・オプションなどの取引は金融商品取引所で売買が行われますが、その際に投資家(顧客)が証券会社等に売買を委託し、それが約定(成立)した場合に、顧客が証券会社等に仲介の対価として「委託手数料」を支払う仕組みになっています。

個人投資家の委託手数料

個人投資家にとって、株式(現物、信用)、株式指数先物取引、株価指数オプション取引などが、委託手数料が発生する代表的なものとなっています。また、手数料の水準は、昨今、金融機関毎に大きく異なるだけでなく、取引コースや約定代金などによっても大きく異なります。

ちなみに、株式の委託手数料は、1999年10月に完全に自由化されて以降、ディスカウントブローカーが台頭して手数料の値下げ競争が激化し、それが取引コストの大幅な低減につながり、個人のデイトレーダーが台頭するようになりました。