ショートポジション

英語名: Short position
分類: 運用ポジション

ショートポジション(Short position)は、「ショート」や「売りポジション」とも呼ばれ、マーケットにおいて、売り持ちポジションのことをいいます。

具体的には、売りの持ち高を取っている状態、もしくは「売り持ち高」が「買い持ち高」を上回っている状態を指し、通常、外国為替取引や信用取引、株価指数先物・オプション取引、債券先物取引、商品先物取引、CFD取引などでよく行われます。

また、ショートポジションに対して、買い持ちのポジションを「ロングポジション」、買い持ちでも売り持ちでもないポジションを「スクエア」と言います。

ショートポジションの概要

一般にショートポジションは、「将来的に値下がりする(下落する)」と判断した投資対象を売って、値下がりした時点で買い戻して決済する投資手法であり、決済した時の差額が損益(プラスの時は利益、マイナスの時は損失)となります。

例えば、ドル/円の外国為替取引において、ドルのショートポジション(ドル売り・円買い)をした場合、取引時よりドル安・円高になれば、為替差益(利益)が出ることになります。