ショートカバー

英語名: Short Cover
分類: 外来語

ショートカバーは、マーケット全般で使われる用語で、ショートポジションを解消することをいいます。これは、投資家の相場観によって作成したショートポジションを決済(解消)するために買い戻すことを指し、またショートポジションとは、売り持ちポジションのことをいい、運用面では、将来的な値下がりを期待して「売りの持ち高を取っている状態」をいいます。

一般にショートポジションの種類には、株式の空売り(信用売り)、株価指数先物の売り、債券先物の売り、通貨(外国為替)の売り、商品先物(コモディティ)の売りなどがあり、例えば、外国為替取引において、ドル/円で「ドルショート」の場合、保有する円買い・ドル売りのポジションに対して、円売り・ドル買いの取引を行って、ポジションを解消することを意味します。

なお、下落相場において、ショートカバーが一斉に入ると、急激に買い圧力が強まり、相場が反転上昇することで、新たなショートカバーが発生することもあります。

<本用語の使用例>

・ユーロは、欧州懸念は根強いものの、ショートカバーが相場を下支えする公算が大きい
・新たにロングを構築するにはリスクが大きく、ショートカバー中心の動きに変わりはない
・市場関係者によると、週末を控え、ショートカバーが出たことがイタリア・スペイン国債を支援した