リバランス運用

読み方: りばらんすうんよう
分類: 投資手法

リバランス運用は、ポートフォリオの配分比率が変化した場合、それを適宜調整しながら運用することをいいます。

ポートフォリオ運用を行う際に、相場(マーケット)の変動などにより変化した資産配分の比率を定期的に調整するという「リバランス(Rebalance)」の概念を取り入れた運用手法で、投資信託や年金などのファンドでは、このような運用を手掛けることが多いです。

一般にリバランスでは、相対的に値上がりした銘柄を一部売却し、相対的に値下がりした銘柄を買い増すことで、相場変動による循環的成長を効率的に捉えることができます。

また、実際の運用手法には、運用開始当初の比率を維持していく方法や、相場の変化に応じて投資配分比率自体を適宜変更しながら調整していく方法などがあります。