保険料払込免除

読み方: ほけんりょうはらいこみめんじょ
分類: 保険料

保険料払込免除は、生命保険医療保険などで使われる用語で、保険期間中に保険契約者が保険料負担能力を失った場合(所定の状態になった場合)に、保険会社が以降の保険料の払込を免除することをいいます。これは、保険会社が約款で具体的に定めており、例えば、被保険者が不慮の事故により、事故の日からその日を含めて180日以内に両耳の聴力を永久に失ったり、一眼の視力を永久に失ったり、片腕を切断したりした場合などがあります。また、昨今では、保険料払込免除特約を付加する方法により、所定の状態(3大疾病、身体障害、要介護など)になった場合に、以後の保険料払込を免除する保険会社も多いです。