付加保険料

読み方: ふかほけんりょう
分類: 保険料

付加保険料は、保険会社で使われる用語で、保険料のうち、保険事業を運営・維持するための費用部分(保険会社の諸経費や代理店手数料などの事業費)のことをいいます。これには、保険の新契約の締結・成立に必要な経費(予定新契約費)、保険料集金に要する経費(予定集金費)、保険期間を通じて契約を維持管理するための経費(予定維持費)などがあり、例えば、生命保険の場合は、「予定事業比率」という予定基礎率から計算されます。

なお、本用語は、全く別の意味で、国民年金に上乗せできる年金である「付加年金」を受け取るために支払う保険料においても使われています。

・保険料=純保険料+付加保険料

※2006年の保険業法施行規則の改正で、保険会社の経営効率化等の経営努力を保険料に適切に反映させるという観点から、「事後モニタリング方式」への変更が行われ、現在、保険会社は、定期的に事業費の収支状況を主務官庁に報告している。