EURO STOXX 50(ユーロ・ストックス50指数)

読み方: ゆーろすとっくす50
英語名: EURO STOXX 50 Index
分類: 株価指数(欧州)

EURO STOXX 50(ユーロ・ストックス50指数)は、欧州を代表する指数算出会社のSTOXX社が算出・公表する、ユーロ圏のスーパーセクターの上位優良銘柄で構成される株価指数をいいます。これは、ユーロ圏の国々から50銘柄をカバーする浮動株に基づく時価総額加重平均指数で、1991年12月31日を基準日とし、その日の時価総額を1000として算出され、また各構成銘柄のウエートは、浮動株に基づく指数時価総額の10%を上限としています。

現在、EURO STOXX 50は、欧州(ユーロ圏)の株式市場全体を対象とした代表的なインデックスであり、国別の構成比率では、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアで80%以上を占め、また業種別の構成比率では、銀行、公益、石油&ガス、通信、保険、化学などが高くなっています。

※STOXX社:スイスに拠点を置く、ドイツ取引所のグループ会社。

※スーパーセクター:国境を越えた企業の比較が無理なく行える分類層(企業分類のピラミッド構造)で、業種やスーパセクター、セクター、サブセクターなどに区分され、スーパセクターは、そのピラミッド構造の中で、業種の下に位置する上位層で、投資家は取引決定の際に利用できる。

EURO STOXX 50の運用商品

EURO STOXX 50は、世界において、ライセンスを持つ金融機関が上場投資信託(ETF)や先物・オプション、仕組商品など幅広い投資商品の原証券として使用しています。

現在、日本においては、東京証券取引所で本指数(ネットリターン)との連動を目指すETFの「UBSユーロ圏株50:UBS ETF ユーロ圏大型株50(ユーロ・ストックス50)」が上場されているほか、一部の証券会社で本指数のCFD取引が可能となっています。

EURO STOXX 50の構成銘柄(2019年5月)

・ABB(重電&重工業)-CH
・AIR LIQUIDE(化学)-FR
・AIRBUS(資本財&サービス)-FR
・ALLIANZ(保険)-DE
・ANHEUSER-BUSCH INBEV(食品&飲料)-BE
・ASML HLDG(テクノロジー)-NL
・ASTRAZENECA(ヘルスケア)-GB
・AXA(保険)-FR
・BASF(化学)-DE
・BAYER(ヘルスケア)-DE

・BCO BILBAO VIZCAYA ARGENTARIA(銀行)-ES
・BCO SANTANDER(銀行)-ES
・BNP PARIBAS(銀行)-FR
・BP(石油&ガス)-GB
・BRITISH AMERICAN TOBACCO(タバコ)-GB
・DAIMLER(自動車&部品)-DE
・DEUTSCHE TELEKOM(通信)-DE
・DIAGEO(酒造)-GB
・ENI(石油&ガス)-IT
・GLAXOSMITHKLINE(ヘルスケア)-GB

・GLENCORE PLC (資源)-GB
・HSBC(銀行)-GB
・ING GRP(銀行)-NL
・INTESA SANPAOLO(銀行)-IT
・L'OREAL(個人&家庭用品)-FR
・LINDE(化学)-DE
・LLOYDS BANKING GRP(銀行)-GB
・LVMH MOET HENNESSY(個人&家庭用品)-FR
・NATIONAL GRID(送電&ガス)-GB
・NESTL(食品&飲料)-CH

・NOVARTIS(ヘルスケア)-CH
・NOVO NORDISK B(ヘルスケア)-DK
・PRUDENTIAL(保険)-GB
・RECKITT BENCKISER GRP(日用品)-GB
・RIO TINTO(資源)-GB
・ROCHE HLDG P(ヘルスケア)-CH
・ROYAL DUTCH SHELL A(石油&ガス)-GB
・SAFRAN(資本財&サービス)-FR
・SANOFI(ヘルスケア)-FR
・SAP(テクノロジー)-DE

・SCHNEIDER ELECTRIC(資本財&サービス)-FR
・SIEMENS(資本財&サービス)-DE
・TELEFONICA(通信)-ES
・TOTAL(石油&ガス)-FR
・UBS GROUP(銀行)-CH
・UNILEVER NV(個人&家庭用品)-NL
・UNILEVER PLC(個人&家庭用品)-GB
・VINCI(建設&資材)-FR
・VODAFON GRP(通信)-GB
・ZURICH INSURANCE GROUP(保険)-CH