FTSE100

英語名: FTSE 100 Index
分類: 株価指数(英国)

FTSE100は、「FT100指数」や「FTSE100種総合株価指数(FTSE100指数)」とも呼ばれ、イギリス(英国)ロンドン証券取引所に上場する時価総額上位100銘柄で構成される株価指数をいいます。これは、ロンドン証券取引所が100%出資するFTSE Russellが算出・公表している指数で、ロンドン証券取引所に上場されている時価総額が最も大きい100社を対象とし、1983年12月31日の価格を基準値1,000として時価総額加重平均で算出されます。また、その構成銘柄には、日本でも馴染みのある世界的な大企業が数多く名を連ねています。

一般にFTSE100は、英国の代表的な株価指数であり、またヨーロッパ(欧州)においては、ドイツのDAXやフランスのCAC40と並び、世界的に注目度の高い指標の一つとなっています。なお、本指数は、日本でCFDによる株価指数取引が可能であり、欧州の株式市場に投資する際には、FTSE100のCFD取引は結構便利です。

FTSE100の世界的に有名な構成銘柄(2018年4月)

・Anglo American(アングロ・アメリカン)-鉱業
・AstraZeneca(アストラゼネカ)-医薬品
・BAE Systems(BAEシステムズ)-航空宇宙
・Barclays(バークレイズ)-銀行
・BHP Billiton-鉱業

・BP-石油
・British American Tobacco-タバコ
・BT Group(BTグループ)-通信
・Burberry(バーバリー)-ファッション
・Carnival(カーニバル)-クルーズ船

・GlaxoSmithKline-医薬品
・HSBC Holdings-銀行
・InterContinental Hotels Group-ホテル
・Lloyds Banking Group(ロイズ)-銀行
・London Stock Exchange Group-取引所

・Marks and Spencer Group-小売
・Pearson(ピアソン)-メディア
・Prudential(プルデンシャル)-保険
・Royal Bank of Scotland Group-銀行
・RIO TINTO(リオ・ティント)-鉱業

・Rolls-Royce Group-航空機エンジン
・Royal Bank of Scotland Group-銀行
・Royal Dutch Shell-石油
・Sainsbury (セインズベリー)-小売
・Schroders(シュローダー)-投資顧問

・Standard Chartered-銀行
・Tesco(テスコ)-小売
・Unilever(ユニリーバ)-家庭用品
・Vodafone Group-携帯電話
・WPP Group-広告代理店

FTSE100以外の英国の株価指数

・FTSE250--FTSE100に次ぎ時価総額が大きい250銘柄で構成
・FTSE350--FTSE100とFTSE250の両指数の銘柄で構成
・FTSE SmallCap Index--小型株で構成
・FTSE All Shares--FTSE350とFTSE SmallCapの両指数の銘柄で構成
・FTSE AIM--ロンドン証券取引所の新興市場(AIM)の銘柄で構成