ソルティノレシオ

英語名: Sortino ratio
分類: 評価尺度

ソルティノレシオ(Sortino ratio)は、ファンドが下落した時だけのリスクを考慮して、リスクに見合ったリターンが得られているかを判断する指標をいいます。

米国の金融理論研究家であるフランク・ソルティノ氏(Frank Sortino)が考案したもので、「シャープレシオ」の改良版となっており、具体的には、相場が上方に振れた時の影響は計算から除外し、下方に乱調した時だけをリスクとみなすのが特徴となっています。

一般にソルティノレシオは、「(ファンドのリターン-無リスク資産のリターン)÷下方リスク」で計算され、シャープレシオだけでは分からない下方リスクの抑制度合いを判断する場合に使われ、通常、この数値が大きいほど優れている(下落局面に強い)ことを示します。